大森健巳氏
interview

大森健巳氏

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。

アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。

著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

Q.TBCC(東京・大阪)講演をした感想は?

とても素晴らしい体験をさせて頂きました。東京・大阪共に素晴らしい講演会となりました。
特に大阪の講演会場は、大阪中央公会堂ということもあり、歴史のある建造物で講演が出来たのは、講演者として光栄なことです。また、今回、会場に来た人たちは、かなり若い方たちが多いのが印象的でした。
彼らがTBCCから積極的に学ぼうとする様子に、まだまだ日本の未来は明るいと嬉しくなりました。
私も精一杯コミュニケーションの大事さを伝えさせて頂きましたが、そのようなとびっきりの機会を頂いたことに感謝します。

Q.真剣にチャレンジするきっかけは?

華々しい成功者と違い、私の人生は失敗の連続でした。若い頃から自分なりには頑張ってチャレンジをしてきたつもりでした。しかし、それはどこか逃げ道を残したチャレンジだったのです。
そんな中、私の甘さで、大事な仕事と親密な人間関係を同時に失った事があります。
その時は、自分に心底愛想がつき、人生に絶望感を感じていました。
そこで真剣に命がけで自分に問いかけました。
「私はこのままの失敗の人生で良いのか?それとも本気で生きるのか?」
この問いに、私の中に真剣に応えようとするガッツが残っていたのです。
そこから、真剣にチャレンジをするようになりました。

Q.成功の要因は?

運と縁です。しかし、それらは覚悟を決め、思い切って一点突破をすることから得られます。
心の重荷を手放し、一歩前に出ることで、人生の違うステージへと上がるのです。
この世の幸運は人によって運ばれてきます。
今の私は、素晴らしい仲間達に囲まれ、毎日が幸福の連続です。
そうなるためにやった事は、私の夢にドロを塗るような人たちとは距離をおきました。
お互いを惨めにするダメな人間関係を整理したのです。
そして、人生の可能性を信じる仲間達とつながることが大きな発展へとつながりました。

Q.座右の銘

随所作主 立処皆真(ずいしょさしゅ りっしょかいしん)

どんな場所でも本当の主人公であれば、あなたの立っている場所が全て真実の場となる。

Q.これからチャレンジする人にメッセージ

人生にはチャレンジが無ければ醍醐味もありません。人によってはチャレンジが怖いと思うでしょう。

失敗したら恥ずかしいと思う人もいるでしょう。だからこそチャレンジをしましょう。
よく考えてみて下さい。失敗したからといって、本来何も失うものは無いのです。
あなたがより良くなるために行う努力を笑う人は放っておきましょう。一歩一歩、進むのです。
今よりも確実にあなたは成長します。